2016年5月7日土曜日

記憶脳へのスイッチ


すぐに記憶力を上げたいと思ったことありませんか?

何かを記憶する必要がある場合、例えば学習に入るときなどすぐに脳を記憶モードにシフトできれば、非常に効率の良い学習が可能になります。今回は記憶モードへのスイッチの入れ方をお伝えします。

私が参加している記憶力を争う記憶力競技。全部で10種目あり、それぞれ制限時間が設けられています。その制限時間の中でできる限り多くの情報を記憶しなければなりません。そのためにはスタートの段階で脳が記憶モードになっていなければスムーズに競技に入っていけません。まだ経験が浅かった時はこれがうまくいかず、競技がスタートしてもしばらくは脳が空回りしている感覚をよく味わったものでした。その後経験を積むにつれ自分なりのスイッチを見つけ出すことができました。


記憶モードに入るためには
記憶モードに入るためには大きく次の2つの段階を踏むと考えています。

意識の集中 → 脳のウォーミングアップ

集中力と記憶力にはとても強い相関関係があります。記憶力はほぼ集中力といってもいいぐらいです。意識が集中できていない時になにかを記憶することは困難です。記憶力をあげるためには実は集中力を高める必要があるのです。


アンカーとトリガー
そのためにまずは心理学でいうところのアンカーとトリガーを設定します。直訳するとアンカーは“錨”、トリガーは“引き金”ですが、ここではアンカーは自分がこの学習をすることによって得られる望ましい結果、たとえば試験に合格して喜んでいる自分の姿のように、それを思い浮かべると喜びの感情が湧き上がってくるようなイメージのことをそう呼ぶことにします。

そしてトリガーはそのアンカーのイメージを自動的によみがえらせるきっかけとなる決まった動作のことを言います。このアンカーとトリガーを事前に作っておくのです。

作り方は例えば試験の合格が目標の人ならば頭の中で自分が合格している姿を思い浮かべます。その時になるべく臨場感を持ち喜びの感情が湧き上がるようにイメージしてください。そしてイメージの中で喜びの感情が高まったときに、何か決まった動作を行うのです。

例えば指を鳴らす、人差し指をじっと見つめる、鼻をさわるなど、なにかひとつの動作を決めます。その動作がトリガーとなります。達成の喜びのイメージを浮かべる、その時に決まった動作を行う、という作業を何度も行うことにより最後にはトリガーになる動作をすると自動的にポジティブな感情が生まれるようになります。それが学習のモティベーションを高めることになるのです。


脳のウォーミングアップ
トリガーを引くことによりモティベーションが高まったところで次に脳のウォーミングアップを行います。つまり運動でいうところの準備体操と同じです。記憶モードにする必要があるのでその準備体操も簡単な記憶を使うものが適しています。


暗算が効果的
それには暗算などが効果的です。1桁の数字を1つ選んでそれを頭の中で2倍します。さらにそれを2倍に、また2倍にと暗算していきます。他にも同じ数字を足し続ける方法でも構いません。また大きい数字をひとつ決めて(100など)そこから同じ数字を引き続ける方法も良いかと思います。

長く暗算を続けるためには計算前の数字を記憶しておく必要があります。暗算ができなくなるか、または暗算の途中であっても頭が回りだしたな、と感じたらそこまでで結構です。これのポイントは脳の準備運動をすることであって正確な計算をすることではありませんので。ただなるべく正確に計算しようという意識は持っていてください。


頭の中を歩き回る方法
また記憶を使うという意味では家のなかの物の配置や家から学校や職場までのルート上にあるお店や建物、木、ポストなどの構造物を思い出してたどってみるというのもひとつの方法です。じつはこれは私自身が競技の前におこなっている脳のウォーミングアップ法なのです。私の頭の中には記憶するものを保管する場所が設定されています。それは自宅の中の花瓶や絵や時計等、生活の中で身近なものなのですが、それらを頭の中でたどって思い出すということを競技の直前に行い脳を記憶モードにシフトしていくのです。

ぜひ皆さんもご自分に適したアンカーとトリガーを作ってみてください。記憶力をあげる大前提として「覚える」という意志が働くことが必要なのですが、これらの方法はモティベーションを高め、覚える意志を生じるスイッチにもなります。試してみてください。


最後までおつきあいいただきありがとうございました。 さらに記憶の技術について学習したい方、MDA では無料のお試し講座も用意しておりますので、そちらもどうぞよろしくお願いします。


-------------お知らせ-----------------

当協会の無料講座を体験してみませんか?
みなさまと会場でお会いできることを楽しみにしています。

無料講座お申し込みページ
http://www.mdajapan.com/seminer.html


※※私が書いた記憶術の本が出版されました!※※
たくさんの皆様にお手にとっていただければ幸いです。

記憶力日本一が教える`ライバルに勝つ'記憶術











日本記憶能力育成協会ホームページ
http://www.mdajapan.com

日本記憶能力育成協会フェイスブックページ
https://www.facebook.com/mdajapan






0 コメント :

コメントを投稿